紐付けするドメインは増やすことが出来る

ドメインを取得しても、サーバに紐付けしなければ、それは機能しません。サーバに紐付けすることではじめて、それを使った処理が可能になります。
仕組みとしては、そもそもサーバはIPアドレスを持っています。DNSでドメインをそのIPアドレスに結びつけることで、そのドメインからのサーバへのアクセスが可能になるのです。
さて、サーバの持っているIPアドレスに対して、それに紐付けするドメインの数を増やすことが出来ます。
仕組み的に考えれば、つまりは複数のドメインを同じIPアドレスに結びつければいいのですから、そのドメインを増やすことが出来ます。
レンタルサーバなどでは設定がレンタル元のものによりますから、できるかはそのサービスにもよりますが、たいがいのサービスで、設定可能な数はそれぞれ違うものの、マルチドメイン可能、という文字を見たことがあると思います。それは、この仕組みを利用したものです。
この利点は、違うアドレスで同じサーバにアクセスできる、ということです。つまり、おなじサーバにあるけれども、結局は別のサービスである、というWebサイトを構築した場合、使うアドレスを変えることで、分かりやすく使い分けることが出来ます。
サーバによっては、それぞれのアドレスを別フォルダにふりわけ、同じサーバスペース内でアクセスできるフォルダを変えることで、別のスペースとして(合計スペースは一緒ですし、結局のところフォルダ単位の区分けですが)区切ることも出来ます。
複数ドメインを持つとややこしくもなりますが、このように細かな運用の利便性を上げることもできます。サーバの性能、システムと相談ではありますが、多くの場合は、これを設定する際、DNSなどに関するちょっとした知識も増えるでしょうし、それなりに役立つ機能なのです。

ページの先頭へ戻る