日本語ドメインの注意点と503対応

ドメインを活用するにはいくつか注意しておきたいポイントがあります。その一つが日本語ドメインへの対応です。日本語ドメインはいわゆる2バイトドメインであり、日本語以外にも各国の言葉でドメインが取得できます。ただし、ブラウザ側の対応が必要であり、古い機種を利用していたり、海外でのPCではそもそも日本語ドメインを見られないケースも多いのです。そこで国内向けには利用しながらもアルファベットだけのドメインも用意して対応する場合が増えています。また、検索サイト側での評価が気になるところですが、コンテンツと連動させておけば効果的という意見が多いですがはっきりしていません。基本的にはブランディングで利用されることが多く、テレビコマーシャルなどの他メディアと連動させるために利用する企業が多いです。ドメインについてはいろいろなカテゴリや2バイト対応などが重要ですが、もう1つ、503対応もしっかりしておきたいところです。中古物件を利用する場合、過去のウェブサイトの評価が残されていることが多いです。また、新規取得であっても503を出すようなウェブサイトの作りは禁物です。503はコンテンツがないことを示しており、いわゆるリンク切れの状態です。リンク切れは視聴者のみたいという意思をくじくものであり、ウェブサイトへの評価を下げる結果となりやすいです。また、多数のリンク切れは検索サイト側での評価も下げることになります。中古物件の場合は特に注意しないとせっかく作られたインデックスがなくなることもよくありますし、SNSからのリンクが切れている場合、PVがいきなりなくなる原因となりやすいです。503を0にすることはウェブサイトの価値を上げることに繋がります。

ページの先頭へ戻る