レビトラの特徴は、即効性が非常に高いことですが、バイアグラと異なっている点は食事による効果に対する影響がほとんどないことです。
食事に関しては一定カロリー内という制限が存在します。
それでもまったく食事を取ることができなかったバイアグラに比べれば非常に使いやすい薬になっています。
レビトラに関しては、バイアグラとの比較が重要になることを知っておきましょう。
なぜかというと、そもそもレビトラはバイアグラを参考にして改良されて誕生した薬剤だからです。
バイアグラを都合の悪い部分を改良して完成されたた薬がレビトラであるため、基本的にバイアグラで見られた副作用に関する欠点はレビトラには見られません。
現在では既にレビトラのジェネリック医薬品が世界で販売されています。
ちなみにジェネリック医薬品というのは、先発医薬品をほかの製薬会社が模倣して作った後発医薬品のことを意味します。
例えばレビトラのジェネリック医薬品にはビリトラ・バリフ・ジェビトラなどがあります。
本来であれば、製薬会社がレビトラのような薬を作るためにはその薬に関する著作権や特許のなどのさまざまな問題をクリアしなくてはいけません。
先発医薬品として登録されている間はその薬を自由に作ることができませんが、期限が切れるとそうした薬を民間企業が自由に開発することができるようになります。
日本ではこのような問題が未だに解決されていないためレビトラのジェネリック医薬品を作ることはできませんが、海外では既にジェネリック品が発売されているわけです。