バリフというのは、先ほど紹介したレビトラのジェネリック医薬品であり、インドの製薬メーカーが製造販売しているものです。
このバリフは基本的にレビトラと同じ有効成分が含まれているものであり、ただ製造方法だけが違うという程度ですので、先発薬のレビトラとほとんど同じ効果があると考えてよいといえます。
そのため、バリフの特徴となると、他の種類のED治療薬よりも、飲んでから効果がわかるまでの時間が比較的短いです。
即効性があるということや、食事やアルコールの影響によって効果が減ってしまう可能性が少ないのです。
バリフの製品としての種類については、錠剤タイプしかないレビトラとは大きく異なっています。
バリフももちろん錠剤タイプで口から飲むようなものが主流なのですが、そのほかにもオーラルゼリーとよばれるタイプがあります。
これは文字どおりのゼリー状になった製品ですので、水がない環境でも服用することが可能となっています。
味もついているため、バリフの飲みやすさが格段に違うということがいえるでしょう。
また、錠剤タイプのものについても、1錠あたりの有効成分の量が20ミリグラム入りというのが標準的となっています。
日本の一般的な成人男性にとってはかなり十分すぎるほどの量であるといえます。
特に高齢者の場合には、5ミリグラムから様子を見て増やすのがよいとされています。
バリフの錠剤を4分の1に割って5ミリグラム相当の量にしたり、一般男性であればピルカッターで2分の1に割って10ミリグラムにしたりといったこともよく行われます。