ドメインを持てば何個まで転送できるか

独自ドメインでメールアドレスを自分用に取得する方が増えていますが、その理由の一つに転送が自由であることがあります。メールアドレスはプライベート用や仕事用など相手に対して分けて教える場合が増えています。そのため、メールクライアントの設定が面倒になってくるので多くの方が利用しているのが転送サービスです。メールサーバ側で設定できますのでサーバ設定が出来る方なら気軽に何個でも設定できます。また、外部のメールサービスを利用する場合でも数個程度は転送アドレスを設定できるサービスが多いです。中には何個でも設定できる場合もあります。メールアドレスの転送は1つのメールアドレスで集中して複数のメールを処理できるので効率が良いです。また、メールクライアントによっては適切にメールを返す際にメールアドレスを自動認識してくれる場合も多いです。メールはスパムやウイルス、勧誘などさまざまな内容が届きます。渡すメールアドレスで対象を分けて考えることができるので複数個の利用はとても便利です。また、転送についてはスマートフォンや携帯電話の方もよく利用しています。外出時は重要なメール以外は受け取らないようにしたり、勧誘メールが多いメールアドレスを決めて利用することで外出時に無駄なパケットを利用せずに済みます。特にLTEなどの通信サービスでは転送量の制限が厳しくなってきていますのでメールと言えど多数受信すると他の通信サービスで使う通信量が減ってしまいます。通信量については添付ファイルも目立ってきています。メールは添付できるサイズが制限されている場合が多いのですが、サービスによっては巨大なファイルを転送してくる場合もあり、メールアドレスで分けて考えることはスマホでは特に重要です。

ページの先頭へ戻る