当サイトについて

世の中にEDの男性が増えていると言われても、もしかして病気?治せるの?など普段は陰に隠れていて知りえないことではあるが、男性にとっては非常に重要なのことです。聞きたいことも人に聞きけない混迷の現代を生きる諸兄に送るED指南書!

EDとその種類

女性の医師

最近EDという言葉をよく耳にし、ED関連のクリニックをよく見かける事が多いです。
このEDとは、Erectile Dysfunctionの略で、日本語訳すると「勃起不全」という意味になります。
EDは心因性・器質性・混合性・薬剤性の4つがあります。
まず心因性勃起障害は日常生活のストレスや性交がうまくいかなかったトラウマなどが原因で起こる事が多く、若い年代にも起こりやすい症状です。
2つ目の神経や血管に問題が生じて勃起障害が起こっている場合は、器質性勃起障害といいます。
3つ目に混合性勃起障害があげられます。
これはどのような症状なのかということとなりますが、心因性勃起障害と器質性勃起障害が合わさったものとなっています。
勃起不全になる原因がひとつではなく、様々な要素が影響していますので、原因を特定するのが難しい勃起不全となっています。
4つ目は薬剤性勃起障害で、これは持病などの常用薬の副作用により勃起不全になるものです。

EDの治療法

ED治療薬バイアグラ

心因性の治療についてですが、一般的にEDに効果があると言われている薬は心因性の治療方法にはなりません。
まずは医師の診断により、適切な薬の処方をしてもらう必要があります。
薬の治療以外にもカウンセリング等も効果があると言われています。
そしてパートナーの女性の協力も不可欠であるため、女性もEDについて理解してあげる事が大切です。
器質性の場合は原因が何なのかによって、治療の効果はまちまちになってしまいます。
血管や血流によるもの、薬剤によるもの、身体に何らかのダメージによって機能不全になるなど様々です。
そのため勃起不全の根本である血流改善から始めることが治療の第一歩になるかもしれません。
もちろんED自体の治療を行うことも大切です。
このようなED治療として用いられるのが、バイアグラやレビトラなどの医薬品です。
これらの薬はED治療薬として病院などで処方されますが、インターネットなどで個人輸入等で購入する事も可能です。
治療薬により程度の勃起が可能になり、射精も問題なく行えるように回復することもありますが、回復しない場合もあります。
それは神経の損傷が原因だった場合です。そうなってしまったら神経の修復は非常に困難です。
混合性勃起障害は複数の原因が絡んでいるために、特定が難しく個人で問題を抱えやすいので医師に相談することをおすすめします。
最後に薬剤性勃起障害は中枢神経・交感神経と副交感神経のどれかに影響を与える薬が原因となるので、薬の服用を中止すれば改善されるのがほとんどです。
常用薬を処方している医師に相談するはもちろん、ED治療を行っている病院に相談することも大事です。
EDは男性にとって恥ずかしいものと認識している人や知識がない場合などが多く、そのためになかなか病院に行きたがらない人も多いです。
また、病院で処方してもらう際は病気扱いではないため薬の金額が高いのですが、自分に合った薬や治療を受けることができます。

EDを予防する

牡蠣

あくまでもED治療薬は一時的な効果しかないため、EDの根元にある血液の循環を整えて血行不良を改善することが、ED脱却の第一歩へつながることになります。
まずは、生活習慣の見直しが肝要となってきます。
睡眠時間の確保、運動を積極的に行うなどの行動と並びに勃起不全に効果のあるのは、男性機能の回復に効果のある栄養素の含まれる食材を摂ることになります。
有名な食材でいえば、海のミルクとも言われる牡蠣が挙げられます。
牡蠣には精子を作り出すために必要不可欠な栄養素である亜鉛が豊富に含まれていて精子の生成を手助けすることから、勃起力の改善に役立ちます。
また、血管を柔らかくする効果のあるビタミンcも含まれているため、陰茎への血流改善にも効果が期待できます。
さらには、すっぽんも精力を高める食材として、有名なものになります。
すっぽんには約20種類のアミノ酸が含まれているため、精力増強だけでなく滋養強壮にも効果を発揮する食材です。
そして血液を作り出すビタミンbも豊富に含有されているため、全身だけでなく陰茎の血液量の増加にも、非常に役立つ食材となっています。
野菜で言えば、山芋やにんにくも勃起不全に効果のある食材です。
山芋に含まれるムチン、アルギニンが、精力の増強に効果のある成分となります。
ムチンは新陳代謝の活性化を促し、アルギニンは精子を作る手助けをする成分です。
にんにくに含まれるスコルジニンは日本人科学者が発見・命名された成分です。
食欲増進や生活習慣病を予防などの効果があり、もちろん毛細血管の拡張など新陳代謝活性化につながります。
これらの食材を積極的に食べることで、勃起不全は改善される可能性があります。
ちなみに、ストレス解消やリラックスもかねてマッサージサロンで全身もみほぐしなどで血液の循環を改善させるのも一つの手です。

最新の記事