ドメインを簡単に入手する方法

もっとも簡単にドメインを取得する方法は、無料のブログサイトに登録することです。これはそのブログサイトに依存するものですが、ドメインを割り当ててもらうことができます。この方法では無料ブログサービスに登録するだけで簡単にドメインを取得することができるのですが、当然そのサービス上でしか使えませんし、また自分のサイトの所有権がブログサイト側にあるので、いつ消されるかもわかりません。
基本的に安定的に優良な記事を更新していれば消されることもないのですが、ブラックハットなことをしたり、長期間更新をしなかったりすると消されることがあります。限られた領域ではあるので、ブログサイトとしても邪魔なサイトは消して、新しいユーザーにレンタルした方が収益化できるという理由です。
他にもレンタルサーバーもドメイン自体は無料で割り当ててもらうことができます。レンタルサーバー自体は有料です。ここでサイトを作成した場合には、サイトの所有権は自分にあるので、勝手に消されることはありません。しかし、レンタルサーバーに借りているドメインであるため、自由にそれを他のレンタルサーバーで使用したりすることはできません。
自由に移動させたりしたい場合には、独自ドメインの取得が良いでしょう。これならば、レンタルサーバーなどに依存しないので、自由です。またドメイン取得もそれほど高いものでもなく、年間に数十円から数千円程度です。なので、本格的にサイトをやる場合には取得しておいて損はないです。しかし、ブログやサイトをまずは練習でやってみるという場合には、無料のものでもとりあえずは良いでしょう。コンテンツも慣れればどんどん書けるようになります。

ドメインの種類について

ドメインの種類というと、主に二つの観点があります。まず一つは、トップレベルドメインと言って、一番後ろの部分です。これによって、カテゴライズがされています。区分方法は国や業界です。たとえば、「.jp」「.com」などです。これは種類が多いのですが、とりあえず無難なものを取得しておけば問題ないです。特にseoの結果になんらかの影響を及ぼすということはまったくありません。このことはグーグルが明言しています。
また他の観点としては、無料ブログサイトやレンタルサーバーで発行されるものを取得するのか、独自ドメインを発行するのかという選択肢があります。seo的な観点では独自に取得することが望ましいのですが、個人のサイト初心者などであれば、無料のもので問題ないです。よほどの自信がある場合をのぞけば、最初は自分のスキルを高める方が重要です。
独自ドメインを使って集客するとかの前に、自分が良質なコンテンツを配信できなければ意味ないのです。そのスキルを身に付けることが最優先です。
そして、ある程度慣れれば、独自ドメインで本格的に集客していっても良いでしょう。重要なのはサイトの整え方とコンテンツです。整え方というのは、内部seoに近いです。内部のリンクを整備することによってクローラーやユーザーがサイト内のどのページにもスムーズに行けるようにし、またレイアウトを整えることでサイトを見やすくします。これらはあくまでもコンテンツの良さを引き立てるための補助的なものなので、これをもって集客をねらうのは違います。
外部seoも昔ほどは効果がなく、アルゴリズムにはじかれるので、補助的なものと捉えてください。これからの時代はコンテンツです。

ドメインの価格と品質

ドメインの価格と品質は必ずしも比例はしませんが、ある程度の関連性はあります。そもそも最近は中古のドメインを取得すること自体があまり推奨はされていないのですが、効果が認められる場合もあります。その場合にはそのドメインで運営されていたサイトがどのようなものであったのかということが重要で、これらは無料のツールを使って調べることができます。
過去のサイトの運営年数、テーマ、ランキング、スパム判定を受けた経歴がないか、といった内容は最低限調べておいた方が良いです。そして良いものを選択すれば、seo上有利になれる可能性もあります。しかし、冷静に考えればわかる通り、過去のサイトと今のサイトの関連性はドメインが同じというだけでなんの意味もないのです。グーグルもさすがにそれはわかっているので、なるべく公平に扱うようにはします。また、ねらいすぎた選択はブラックハット扱いされるケースも今は増えています。
グーグルはアクセス数ばかり気にするサイトを嫌います。逆にコンテンツ勝負で来るサイトが好きなのです。昔はコンテンツよりもseo対策でうまくやっているサイトが上位に来たりしていましたが、グーグルのアルゴリズムはそうならないように進化しています。ちょうど外見だけでちゃらい感じの男性に遊ばれてきた女性が、男の中身を見るようになる感じです。今まで付き合ってきた人と最後に結婚した人が全然違うような事例は多いでしょう。
つまりそういうことです。グーグルのアルゴリズムは日々進化しており、その目的はユーザー満足度の最大化です。そのためにはダメンズのような表面的なサイトを駆逐していき、優良な中身のあるサイトを評価していきます。

ページの先頭へ戻る